• Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
© 2018 by AGREE, Inc. All Rights Reserved. 

Web Designingに掲載されました




2019年8月16日 https://book.mynavi.jp/wdonline/samp/detail/id=105265


株式会社AGREE(アグリー、茨城県つくば市)が提供している 遠隔医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」が、マイナビ出版の『Web Designing』に掲載されました。

「地域の課題解決をサポートする5つのサービス」(p.42〜)にて紹介されています。


■地域の課題解決のためにLEBERができること

①医師の偏在問題を解決

現代の日本では全国各地で医師不足の問題が深刻化しています。茨城県は人口当たりの医師数が全国で2番目に少なく、小児科医は全国でもっとも少ない県です。

LEBERは全国の医師をシェアすることで、地域の医師不足の問題を解決します。


②不要不急の受診を抑制

「夜に子供が熱を出してしまった…。お医者さんに診てもらったほうがいいかな?」

「なかなか風邪が治らない。処方箋をもらいに行こうかな…。」

「なんだか体調がおかしい。これって何かの病気かな?」

「旅行中に体調を崩してしまった。旅先でどの病院に行ったらいい?」

急に体調が悪くなったり、いつもの病院に行けなかったりすることは珍しいことではありません。心配のあまり「すぐ病院でお医者さんに診てもらいたい」と思ってしまいますが、実は多くの場合は病院に行かなくてもセルフケアができます。



いつでも、どこでも、誰にでも。最高の医療をあなたのもとに。

時間や場所を問わず医師に相談ができる環境をお届けします。


お問い合わせ

株式会社AGREE info@leber11.com

74回の閲覧