茨城県大子町が医療相談アプリ「LEBER」(リーバー)を子育て中の世帯向けに無償提供

茨城県大子町(町長:高梨哲彦)は2020年4月、同町内在住の0-6歳の未就学児童を持つ世帯に対して、株式会社AGREE(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)が展開する医療相談アプリ「LEBER」(以下、リーバー)の無償提供を開始しました。160名以上の登録医師に、スマートフォンを通じて24時間365日、無償で相談できるようになります。


■大子町における医療相談アプリ導入の目的


大子町は茨城県の最北西端に位置し、人口約1.6万人。福島県、栃木県に境を接しており、奥久慈地域の中心として、日本三大名瀑のひとつ「袋田の滝」で知られる観光の名所です。


大子町保健センターの担当者は、次のようにコメントしています。「大子町では、人口に対する医師数が茨城県全体の平均を大きく下回っています。また町内に小児科の専門医がおらず、小児科を標榜しているクリニックもひとつしかないため、子育て世帯へのサポートを強めるために今回、リーバーを導入しました」


■医療相談アプリ無償提供の概要


対象者 :大子町内に住民票がある、0〜6歳の未就学児童をもつ家庭。児童本人以外の家族4人も対象。

提供内容:

①24時間、スマートフォンアプリから医師に健康、医療の相談が行える(回数無制限)。

②全国17万件以上の医療機関を検索可能

③過去の相談内容,回答内容を閲覧できる

登録方法:大子町役場から配布される「登録番号」が必要。(登録番号に関するお問い合わせ:大子町保健センター Tel.:0295-72-6611 Fax.:0295-72-6613)


■リーバーについて


24時間365日スマホで医師に相談ができるアプリです。現在150名以上の医師が登録されており、外出自粛等により病院やクリニックに行きにくい方もアプリを通じて医師に気軽に相談することができます。株式会社AGREEは、2020年4月9日より茨城県との共同事業としてリーバーを通じた医療相談サービスを茨城県民に無償提供しています。


■リーバーの使い方


① チャットボットによる簡単な自動問診(3分でできる選択形式)

② 医師から最速1分の回答(オススメの市販薬や症状に合う行くべき診療科、対処法などのアドバイスを受ける)

③ セルフケア(近くの医療機関を受診、ドラッグストアにおける市販薬の購入など医師が具体的なアクションをサポート)


■相談した90%以上の人が「不安解消」


2019年度に行なった茨城県庁主導の「医療相談アプリを用いた子育て世帯の健康不安軽減実証事業」では、医療相談アプリを利用した大子町内の子育て世帯の90.9%が「相談後に不安軽減につながった」と回答しました。


医療相談アプリは医師が最速1分で回答をしており、実証事業内では75.3%の回答が30分以内に相談者さんへ届きました。「医師からの回答がわかりやすかった」とご回答いただいた方も90.2%にのぼりました。


回答の速さ、そして回答のわかりやすさから平均満足度は4.15と高評価をいただきました。


■相談をした人の78.5%が「受診回避」につながる


リーバーでは、医師が症状に対するアドバイスをお伝えするだけでなく、病院受診が必要であれば適切な医療機関をマップ表示し案内したり、症状に合うオススメの市販薬を画像で表示しており、ユーザー様の行動変容につなげる事ができます。


2019年12月に行ったアンケートでは、「リーバーで相談をして受診回避に繋がった経験が1回以上ある」と答えた方は78.5%にのぼる事が明らかになりました。


遠隔医療相談アプリの利用が広がる事で、

・不要不急の受診回避による自治体医療費補助額の軽減

・医師の負担軽減

に大きな効果をもたらす事ができると考えています。



■株式会社AGREEについて


〈会社概要〉

会社名:株式会社AGREE

所在地:茨城県つくば市谷田部6251−9

代表者:伊藤俊一郎

設立:2017年2月

URL:https://www.leber11.com

事業内容:アプリの企画・開発・運営

<本リリースにおけるお問い合わせ先>

広報窓口: 多賀 info@leber11.com

0回の閲覧
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
© 2018 by AGREE, Inc. All Rights Reserved.