新潟市実証実験に採択されました

最終更新: 2019年8月13日


2018年8月6日 https://www.niigata-iot.jp/news/616/


株式会社AGREE(アグリー、茨城県つくば市)が提供する医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」が、平成30年度の新潟市実証実験補助事業に採択されました。


■概要

株式会社AGREE(アグリー)は、新潟市内の企業を対象に、「医療相談アプリLEBER(リーバー)」の実証実験を開始しました。2018年11月〜2019年3月末の期間中、スマホで医師に健康相談ができるサービスを無料で提供致します。アウトカムとして従業員の健康に関する行動の変化や、健康不安の軽減を目的としています。



■医療相談アプリLEBERについて

1) 「医師のすきま時間」と「相談者」を繋ぐドクターシェアリングプラットフォーム

2) 症状に合わせた自動問診システム

3) 医師が症状に合った医療機関や市販薬を紹介

4) 家族の相談も可能


■新潟市実証実験補助事業について

実証実験プロジェクト事業補助金」といい、AIやIoTなどの先端技術を活用した民間企業などが行う実証実験を補助する取り組みです。新たなビジネスの創出や産業活力の向上、地域の活性化などが目的とされています。


■今後について

現在、第四銀行株式会社様を中心に実証実験が開始されています。「社内だけでなく、取引先企業にも周知・推薦することで、より普及するのではないか」といったご感想をいただきました。今後はより多くの企業でお使いいただけるよう、参加企業の募集を続けてまいります。

新潟市内に事業所をお持ちで、本実証実験にご興味のある企業のご担当社様は、下記のアドレスまでお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ

株式会社 AGREE info@leber11.com

0回の閲覧
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
© 2018 by AGREE, Inc. All Rights Reserved.