​医師の皆様へ

〜「医師として育ててもらった地域住民のため」〜

 

はじめまして。株式会社AGREEの代表の伊藤俊一郎と申します。
私は、元心臓血管外科専門医で現在はこの医療相談アプリLEBER(以下、リーバー)の開発・運営と茨城県を中心に訪問診療に特化した有床診療所(医療法人AGIRE)を営んでおります。
私どもは今回の新型コロナウイルスの感染拡大における地域の皆さまの不安軽減、そして医療従事者の皆様の負担を軽減するために、2020年4月9日より茨城県庁の依頼に応えて茨城県全域に無償提供をしております。

​この地域の皆さまの不安軽減のために是非、リーバーの医師登録にご協力頂けますようお願い申し上げます。


私たち医療従事者は皆、勝手に一人で育ったわけではありません。厳しい先輩方から学び、さらには忘れてはならないのは地域の住民の皆様から信頼して頂き、大切な身体を預けて頂き、その方にあった最適な医療を提供しながらたくさんのことを学びます。


今回私たちはスマートフォンを通じて医療相談事業を行っておりますが、「明らかに重症なのに新型コロナウイルスの感染が怖くて受診を控えている」、いわゆる「軽症のため、受診ができず不安な想いを抱えている」方々が非常に目立ちます。


私たちのサービスは、そんな不安をかかえている方々に「セルフメディケーションで対応すべき症状」と、「受診すべき症状」について医師のアドバイスを提供します。もちろん保守的にお考えの先生方も多いかと存じますが、それでも明らかな軽症者にはアセトアミノフェンを始めとした市販薬をおすすめする先生方が増えてきております。


今まで当たり前のように享受できていた医療が突然受けられなくなり、地域の住民の皆様は困惑、混乱しています。茨城県は先進的にも、私たちのサービスが住民の不安軽減に役立つことを昨年度の実証実験(4自治体に約10ヶ月間提供)を通じてご理解頂き、今回県内全自治体をあげて周知して頂いております。
是非一人でも多くの先生方に協力をお願い申し上げます。全ての診療科の先生のアドバイス(3分程度のスキマ時間で回答が可能)が地域の住民の皆様の不安を和らげます。私には循環器、心臓血管外科領域の質問が多く寄せられています。


以下よりご登録頂き、先生方のお力添えを頂けましたら幸いです。
またこの取り組みがしっかりと広がるとことにより、今救急の現場で懸命に働いている先生方の負担が少しでも軽減されることを願っております。

STAY HOME with LEBER

株式会社AGREE

代表 伊藤 俊一郎

LEBERでの働き方

​働き方はとてもシンプル!すきま時間にアプリを確認して利用者の相談に回答するだけ。

​回答に応じて報酬をお支払い致します。

​LEBERで

すきま時間に相談を確認

​問診表を確認して

​症状に合わせてアドバイス

​(3分)

​​利用者から評価

​ご登録の流れ

① LEBERアプリをダウンロード

② 入力フォームに電話番号、氏名、メールアドレスなどの情報と運転免許証、医師免許証を添付して送信

③ 1週間程度でメールにて承認完了通知が届きます(医籍番号および医師免許証記載氏名などにより照合)

④ アプリを開き、メールに記載されているアカウントIDと初期パスワードを使用してログイン

​⑤ 利用開始(※各種設定→プロフィールより顔写真の登録、職歴や専門分野を記入すると評価が上がります)

(医師の評価について)

  LEBERでは、回答頂いた内容を利用者が評価をする仕組みを設けており、利用者による評価が高い医師の方は

  報酬の高い相談が回答できます。

(医師の指名について)

  プロフィールにて「指名料」を設定頂くことで、利用者より指名を受けることができます。

​※ 回答における注意についてはこちらをご確認ください

ご登録はこちらから

 
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
© 2018 by AGREE, Inc. All Rights Reserved.